ナンバーレスカードでクレカの券面もミニマルに

2 min

どうも、ナンバーレスカード愛好家の村上です。

僕はクレジットカードが好きなんですが、券面のカード番号や名前の部分がボコボコとエンボス加工になってるタイプのカードが苦手です。

今どき日本でインプリンタを使うお店は滅多にないですし、機能的にはメリットがありません。あとはエンボス加工されたカードを重ねると物理的にもかさばりますよね。

ビューカードなどプリント印字タイプで凹凸のないタイプもありますが、国際ブランドやカード会社のロゴがビッシリ入ってるとやはりスッキリしているとは言えません。

ナンバーレスがトレンドに

ところが最近はカードナンバーが裏面にプリントされてスッキリしたミニマルデザインのクレジットカードが次々登場しています。ありがたいです。

さらに去年「セゾンパールアメリカンエキスプレス」が登場して以来、表にも裏にも番号がまったく書かれていない「完全ナンバーレスカード」も増えつつあります。

ナンバーレスカードは機能的なデメリットがないわけではなく、カード番号を調べるためにいちいちアプリを開く必要があるので、そこは不便に感じるかも知れません。

しかしスーパーのレジ店員にカードを渡した際クレカ番号を暗記されて後日不正利用に遭うといったリスクはゼロになります。

おすすめは三井住友ゴールドNL

僕は普段からコンビニ利用がわりと多いので、セブン・ローソン・ファミマとマクドナルドでポイント還元率5%になる「三井住友カードゴールドNL」を発表と同時に申し込みました。

ゴールドNLは年会費5,500円と一般的なゴールドカードよりは安めです。また後述しますがこれをゼロにする方法もあります。

人気の楽天カードには楽天証券と組み合わせて投資額の1%が還元されるサービスがあるんですが、三井住友ゴールドNLでもSBI証券との組み合わせで同じく1%のポイント還元が受けられるようになってます。

これはどういうことかというと、毎月5万円ずつ貯金がわりに積み立てれば必ず500ptもらえるので、自動的に年間6,000ptもVポイントが貯まるわけです。(ちなみにキャンペーン中は2%還元なので毎月1,000pt)

沖縄好きはソラシドエアカードも一緒に

余談ですが、このVポイント6000ptを使って沖縄旅行が可能になる裏ワザがあります。

三井住友カードがソラシドエアと提携して発行している「ソラシドエアカード」を別途作っておくのです。

ソラシドスマイルクラブのマイルはVポイントからなんと2倍のレートで交換できるので、6000ptあれば12000マイルになり、羽田-那覇を往復できる特典航空券と交換できます。

貯金(投資)してるだけで貯まる余剰ポイントで毎年沖縄旅行に行けるなんて嬉しいですよね。

メインカードになりうるスペック

三井住友ゴールドNLの年会費は5,500円かかりますが、年間利用額100万円を一度でも達成すると年会費が永年無料になるため、少なくとも1年間はメインカードとして使うことに決めました。

年間100万円ぐらいなら光熱費やスマホ代などの固定費をまとめたり、日々の支払いが分散しないように気をつければ比較的達成しやすいのではないでしょうか。

※クレカ投資やSuicaチャージなどカウント対象外になる支払いもあります。

また、晴れて年会費永年無料になっても塩漬けにせず引き続きメインカードとして使う可能性はあります。

なぜならこのカード、年間100万円利用するとボーナスとして10000ptもらえるからです。

基本還元率が0.5%なので普通に100万円使うと5000ptしかもらえないんですが、ボーナスポイントを足すと15000ptになるので、基本還元率が1.5%相当になるわけです。

エポスカードにも似たサービスがありますが、これもかなりお得ですね。

まとめ

普段からコンビニとマックの利用がそこそこある人や、貯金の代わりにつみたて投資してる人(これからする人も)は持って損しないカードです。

さらに旅行が好きならソラシドエアのマイルを貯めるためにメインカードにしてもいいでしょう(ソラシドエアカードも必要になりますが)。

村上

村上

マーケティング職。タスク管理ツール(主にたすくま)で仕事を習慣化・効率化・自動化してます。ポイ活や非課税投資などのマネーハックな話題も好きです。音楽は洋R&B専門。5歳♀0歳♂の父。家族がいてもミニマリストになれる。英語勉強中。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です