Kindle化されない本やiTunesにない動画をフィジカルで買うべきか悩む

2 min

読みたいと思う本は、今や7割ぐらいKindleで読めるようになった感じがする。

だがやはり時々、Kindle化されてない作品に出会うこともある。

渡辺浩弐先生の新作「吐田家のレシピ」がそうだ。

もともと渡辺先生の作品はほとんどKindleにない。この記事の執筆時点でも「中野ブロードウェイ脱出ゲーム」だけのようだ。

こどもの頃から氏の作品が大好きで、ファミ通で連載されていた「1999年のゲームキッズ」を読んで影響され、中学の頃は短編小説を書いてみたりしたこともあった。

そんな氏の新作が読みたくて探してみたがKindleになく、素朴に疑問だったのでTwitterで先生に問いかけてみた。

 

 

好きな作家の方から丁寧な返信をいただけて嬉しかったが、やはりKindle化はしばらく望めなそうだ。

「そんなに好きな作家なら本買えよ」という声も聞こえてきそうだが、それは主義の問題と矛盾する。

本はとにかく情報量の割に重くてかさばる。そして読み終わったらもう荷物でしかなくなるのだ。

iPad miniに何千冊も入る時代に、同じかそれ以上の重さの本をいまさら一冊持ち歩くことに、どうも抵抗がある。

だから安室奈美恵の引退ライブのブルーレイも同じ理由で買えずにいるのだ。どうしよう。

 

 

村上

村上

ミニマリスト歴11年のマーケター。ITを駆使した効率化が得意です。音楽活動で大阪から上京→3.11後モノを処分し編集者へ転身→6年で5回昇進し編集長に→広告コンサルタントを経てマーケティングへ。音楽は洋R&B専門です。ミニマリズムが独身の特権ではないことを証明します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事