なんとBlackBerryがauから発売するという古参ユーザーには衝撃の展開

2 min

カナダ製元祖スマートフォン「BlackBerry」が好きで好きでたまらん時期があった。

所有感を満たしてくれる外観のデザインといい、OSとハードウェアの見事な連携といい、使い心地がとにかく素晴らしいスマホ。

2009年の「Bold 9000」に始まって、以来2014年までの5年間で延べ7台ものBlackBerryを使い込んだ。

僕が最後にしっかり使ったのはSIMフリー版「BlackBerry Classic」で、以降はiPhoneをメイン端末に据えてはや数年、といった感じだ。

そもそもたすくまがiOSでしか使えないアプリである以上、iPhone以外をメイン端末にすることはもう不可能だから、仕方ないと諦めている。

すっかり聞かなくなったが終わってない

独自のBlackBerry OSにアプリ開発者を取り込めず、コンテンツで魅力を訴求できなくなって凋落していったのだが、日本で爆発しなかったのはドコモの売り方にも問題があったと今でも思っている。

カナダとアメリカでは一時支配的なシェアを誇っていたのに、あとから出現したiPhoneとAndroidにユーザーを奪われまくって、挙げ句アジアのメーカーにハード製造をライセンス。

身売りする結果になったが、実は中身をBlackBerry OSからAndroidに変えて、今でも新機種はちょこちょこ出ていたりする。

個人的には、ショートカットキーや統合メールボックスをはじめとするあの快適なユーザビリティは、Appleと同じくハードウェアとソフトウェアを自社で作っているからこそ実現できていたのではないかと思うので、中身がAndroidになってしまったいまのBlackBerryには、昔のような魅力はなくなってしまっていると感じる。

 

新機種がキャリアから発売!

そんなBlackBerryの最新モデル「BlackBerry Key 2」が、3大キャリアから発売する。それもドコモではなくauから販売されるというから、驚いた。

japanese.engadget.com

アクセサリー扱いなので他のスマホのようにauによる保証は受けられないようだが、割賦契約もできるみたいなので敷居は低い。

しかもSIMフリーなので、端末だけ買って手持ちの格安SIMで運用することも可能だ。

久しぶりにあの快適すぎる使い心地を思い出しながら、うっかり予約ポチしてしまいそうになったが、よく考えたら今月はiPhoneの新機種も控えている

 

murakaminimal.com

 

さすがに10万クラスのスマホを2台も買うのはいかがなものか。

今回も見送るしかないのか。

どうしたものか。

 

 

村上

村上

マーケティング職。タスク管理ツール(主にたすくま)で仕事を習慣化・効率化・自動化してます。ポイ活や非課税投資などのマネーハックな話題も好きです。音楽は洋R&B専門。5歳♀0歳♂の父。家族がいてもミニマリストになれる。英語勉強中。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事