ミニマリズム。モノを捨て始めたきっかけについて語ります

1 min
家具をシンプルなデザインの無印良品で統一したり、
新しい服を買ったら、もう着ていない服を友達にあげるなど、
僕は昔からどちらかというとミニマリズムな性格だ。
 
ところが器用貧乏で多趣味な面が災いし、少しずつモノが増え続けていた。
20代前半の頃は、
「長く生きているとモノは増えていくものだから、仕方がない」
「実家やおばあちゃんちに比べればぜんぜんスッキリしてる」
などと考えていた。
 
 
 

これはピーク時のデスク周り。なぜかモニターが3台もある。
 
思い返せば3.11の混乱の中、
港区から世田谷区まで大渋滞の246を自転車ですり抜け、
ようやく帰宅した僕を待ち受けていたのは平穏ではなく、
グチャグチャに散らかった部屋の片付けだった。
 
キッチンではお皿やトースターなどの家電が割れ、
部屋では大量のCDや本で足の踏み場はなく、
8畳の1Kはまさにモノの海と化していた。
 
 
 
 
途方に暮れながら、疲れた体で掃除と整頓をしていたが、
この時から「少しずつモノを減らしていこう」と考え始めた。
 
さらにここ数年は高城剛さんや、最近売れた佐々木典士さんの本を読み、
持ち物を減らすことで得られるものの大きさを再確認している。
 
また、スマホをはじめとするテクノロジーの進歩が、
モノを減らしても困らないようにしてくれている。
 
今年は娘も産まれたし、今後はモノが増えやすい状況にある。
いまこそ自分の持ち物を最小化して備えるべきだと思ったのだ。
 
ただ、自分の場合は何でもかんでも右から左に捨てているわけではなく、
ひとつずつ吟味して、名残惜しいモノは写真を撮ったり、
最後にもう一度だけ使ってみてから捨てているので、
本当に少しずつしか減らせていない。
 
ちなみに今日処分したのは、古いWi-Fiルーターひとつだけ。
まぁ、急いでいるわけじゃないからそれでいいし、
少しずつやったほうが精神的な負担もかからないのだ。
 
 
いまのデスクはご覧の通り。
 
この調子で、週2回のゴミの日に、少しずつモノを捨てていけば、
年内には理想的な物量にまで減らせると思う。
 
あと何ヶ月かかるか分からないが、最終的には、
軽自動車1台で引っ越しできるぐらいには減らしたい。
村上

村上

ミニマリスト歴11年のマーケター。ITを駆使した効率化が得意です。音楽活動で大阪から上京→3.11後モノを処分し編集者へ転身→6年で5回昇進し編集長に→広告コンサルタントを経てマーケティングへ。音楽は洋R&B専門です。ミニマリズムが独身の特権ではないことを証明します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事