靴下いらずのサンダル兼スニーカー「KEEN」が快適で今夏もっとも履くことが決定した

2 min

夏は靴下履くのが嫌になりますよね。

とつぜんですが「KEEN」というフットウェアメーカーを知ってますか?

太い紐で編み込んだ、一見するとサンダルのようなスニーカーを作っているメーカーなんですが、前から存在自体は知ってたものの最初はいまいち興味が沸かなかったんです。

でも調べてみると汎用性高そうなアウトドアっぽいデザインのプロダクトもけっこうあって、去年ぐらいからだんだん気にはなってたんですよね。

サンダルとスニーカーのいいとこ取りな感じ

気になってたモデルはニューポートH2というサンダルの定番モデル。サンダルにしてはあまりにもゴツいソールだったのでちょっと敬遠していました。

ところが今回はこれをさらに軽量・コンパクトにした「クリアウォーターCNX」というモデルを見つけたので、Amazonで購入しました。

初めて買うメーカーはサイズ選びに悩むんですが、ひとまず28cmで注文。

開封して思ったのは

村上

村上

ちっさ!サイズ間違えたか?

でした。

しかしスニーカーだと思ってたので当然です。これはサンダルなのです。

サイズは28cmでビンゴでした。履き心地も良いですし、とにかくめちゃくちゃ軽いです。

とにかく軽い!

シューレースを締めたら、余った紐を足の甲あたりにある留め具に引っ掛けて固定します。ウェイクボードとかにくっついてるブーツみたいですね。

取り回しはサンダルそのものなんですが、かかとをしっかりホールドしてくれてるので走っても簡単に脱げたりはしないでしょう。

爪先の保護によるメリット・デメリット

個人的に、一般的なサンダルを履く上で気になるのは電車で足を踏まれたりしたときにダメージがデカいという点です。

見た目ほど涼しくはないです

こないだも乗っていたバスが急停車した際に、隣りにいた女性のハイヒールでスニーカーを踏まれて悶絶しました。

これがもし生足だったらと思うとゾッとします。

KEENのサンダルは爪先が覆われているのでこういった心配がありません。サンダルとスニーカーのいいところを兼ね備えていますね。

1点だけ気になったのは、実際に履いてみるとサンダルほどの通気性は得られませんでした。

もちろんスニーカーと比べたら開放感は段違いですが、見た目ほど涼しいとは感じません。やはり爪先部分が覆われていると通気性にも影響するのかな。

これは意外でした。

まとめ

とはいえ今回KEENのサンダルを導入したことで、用途のかぶっている靴を2つ処分できました。

  • 晴れの日にしか履かないオールバーズのウール製スニーカー→後輩にあげた
  • 近所のコンビニへ行くときに履くアディダスのサンダル→捨てた

この2つを断捨離できたので持ち物の送料がまたひとつ減り、ミニマリスト的にも大満足。

ニューバランス990v5ほど値段も高くないので気兼ねなく履けるのもいいですね。

この夏は大活躍してくれそうです。

村上

村上

マーケティング職。タスク管理ツール(主にたすくま)で仕事を習慣化・効率化・自動化してます。ポイ活や非課税投資などのマネーハックな話題も好きです。音楽は洋R&B専門。5歳♀0歳♂の父。家族がいてもミニマリストになれる。英語勉強中。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です