Thunderbolt Displayを遠くに置いて解像度の低さを気にならなくするテクニック

1 min

自宅ではThunderbolt DisplayにMacbook Proを接続して、デュアルディスプレイ環境で作業しています。

Macbook ProはRetinaディスプレイモデルなので227ppiと、とても精細で目にやさしく作業も快適です。

いっぽう、大画面のThunderbolt Displayは解像度がやや低く109ppi。

両方の画面を同じ距離から交互に見ていると「なんでメインディスプレイの方が低画質なんだ」と切なくなります。

そこで、距離を離して設置すれば気にならなくなるのではないかという仮説を立てました。

ひとまず手前にMacbook Proを持ってきて、縦にデュアルディスプレイ。

単純ながら意外と効果があったようで、横並びで見ていた時よりもThunderbolt Displayの粗さが気にならなくなりました。

ひとまずこの位置で使ってみます。

村上

村上

マーケティング職。タスク管理ツール(主にたすくま)で仕事を習慣化・効率化・自動化してます。ポイ活や非課税投資などのマネーハックな話題も好きです。音楽は洋R&B専門。5歳♀0歳♂の父。家族がいてもミニマリストになれる。英語勉強中。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事