iTunesのロゴが変わったので音楽の買い方を改めるべきか考えてみた

1 min

新ロゴ

旧ロゴ

先日アップルの音楽イベントでiPodシリーズが刷新され、iTunesもバージョン10となりました。
あの「CDに音符」の象徴的なマークからCDがなくなりました。

これはCEOジョブズいわく「来年には米国のCD売り上げをiTunesが超えそう」だから。
つまり、これまでのCDを買ってiTunesに取り込むスタイルから、
直接ダウンロード配信で購入するスタイルが主流になりつつあるからだそうだ。

いよいよそんな時代になってきたのか。。

日本においても「着うた」の売上は業界で重要なシェアを確保してるし、
CDが売れなくなった音楽産業に、大きく貢献してる販売方法にもなった。

家ではCDライブラリからお気に入りのアルバムを出してきて、
ライナーノーツを読みながら聴くのが好きだった。
しかし!最近はそれをほとんどしてないことに気づいた。

現実には一度パソコンに入れたCDはほとんど手にとって見返すことはない。
アルバムジャケットも、実物を持っているのにiTunesでしか観てないのが現状だ。

歌詞だってCD探して開けて読むより、Google検索で出てくるし片付けなくてイイ。
おまけに、そのままメールに添付したり保存したりできるからお手軽なのだ。

この自分自身のリスニングスタイルの変化に、寂しさを感じたりすることもある。

でもそのハードルは年々上がってきてる。

買うほどの作品か?レンタル待つ?ダウンロードでいいか…になることが多いのだ。

iTunesは音質もいいし、購入したものをPingで評価しあえる。
最近はアルバムを買えばライナーノーツまでデータとしてついてくるものもある。

そこで!

今後はiTunesでもじゃんじゃん音楽を買っていこう!
と思ったのである。

バックアップはPCにあるからデータ失うこともほぼないし、
今後iPodを買い換えても台数制限なく転送できるし、
別に不便なことなんてない。

今まではほとんどシングルしか買ってなかったけど、
アルバムもどんどん購入していく!

村上

村上

ミニマリスト歴11年のマーケター。ITを駆使した効率化が得意です。音楽活動で大阪から上京→3.11後モノを処分し編集者へ転身→6年で5回昇進し編集長に→広告コンサルタントを経てマーケティングへ。音楽は洋R&B専門です。ミニマリズムが独身の特権ではないことを証明します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事