小さい小銭入れが壊れたので引退させた

1 min

財布を持たなくなって久しい。

とはいっても現金が必要なシーンはまだあるので、小銭の扱いには悩まされ続けている。

 

そんななか、かれこれ3年ぐらい愛用していたabrAsusの「小さい小銭入れ」が、ついに壊れた。

壊れたというよりは、鍵を固定しておくための金具が外れてパーツを無くしてしまった。

 

f:id:sjmrkm:20190209232127j:image

キーケースが一体になっているのが魅力のアイテムだったが、こうなってしまってはただの小銭入れなので、惜しまれながら引退ということになった。

 

f:id:sjmrkm:20190209232036j:image

同じものを買い直そうかとも思ったが、3年前よりもさらに現金の使用頻度は減っている。

そこに1万円もする小銭入れが果たして必要かと思い直した。

 

困ったときのモンベルということで、またしても急造でキーホルダーと小銭入れを調達。

あんまりカッコ良くはないけど、もう高価な財布は不要。これでいい。

 

 

 

村上

村上

ミニマリスト歴11年のマーケター。ITを駆使した効率化が得意です。音楽活動で大阪から上京→3.11後モノを処分し編集者へ転身→6年で5回昇進し編集長に→広告コンサルタントを経てマーケティングへ。音楽は洋R&B専門です。ミニマリズムが独身の特権ではないことを証明します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事