カメラはもうレンタルでもいいのかもしれない

1 min

カメラ熱には波があると個人的には感じている。

いまはソニーのミラーレス一眼を使っているけど、徐々に使用頻度が下がってきているのだ。

基本的には明るめの単焦点レンズを付けっぱなしで、休日もだんだんiPhoneだけで済ませることが増えてきた。

ズームレンズなんて、娘の運動会といったイベントがなければ、持ち運びたくもないのである。

iPhoneのポートレートモードでは、しょせん疑似ボケなのでカメラの置き換えにはならないということもわかっている。

それでもサクッと撮れて共有できるiPhoneのスマートさと比べると「今日は持っていかなくていいか」となりがちなのだ。

www.lifehacker.jp

こういう記事をみると、ますますそういう気持ちが強くなるが、これ以上カメラの使用頻度が下がるようなら、ちょっと本気で考えるかもしれない。

 

 

村上

村上

ミニマリスト歴11年のマーケター。ITを駆使した効率化が得意です。音楽活動で大阪から上京→3.11後モノを処分し編集者へ転身→6年で5回昇進し編集長に→広告コンサルタントを経てマーケティングへ。音楽は洋R&B専門です。ミニマリズムが独身の特権ではないことを証明します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事