いきつけの理髪店を紹介「Freemans Sporting Club」

1 min

2015年9月から、毎月通っている理髪店を紹介する。

 

表参道駅と渋谷駅の中間あたりに立地する「Freemans Sporting Club」だ。

freemanssportingclub.jp

 

なんだがスポーツジムみたいな名前だが、れっきとした理髪店だ。

 

今日は11時の予約だったので到着した10時50分はまだドアが空いておらず、入口のベンチでひと休みした。

すでに気温は30度に到達しているので暑い。よく見ると木にめちゃくちゃ缶詰の蓋がくっついている。なんだろう。補強?

 

ちなみに散髪前はこんな感じ。てっぺんのあたりボリュームが出すぎてセットが面倒になってくるころだ。

 

店内の様子。こびとが僕をカットしているわけではなく、後ろのスタッフさんが抜群の遠近感で写ってしまった。

 

スキンフェードと呼ばれるこの刈り上げ。絶妙なグラデーションが匠の技で、施術に1時間かかる力作なのである。もみあげや襟足あたりはバリカンではなくシェーバーでジョリジョリやってもらうのだが、ツルツルの0ミリに仕上がる。

 

さっぱり。短いのが気持ちいい。

 

今日も仕上げはバードのマットポマードでお願いした。

 

髪型がスッキリしていると仕事にも遊びにもパフォーマンスが上がる気がしている。

 

コストパフォーマンスがいいのでミニマリストは気に入った床屋で定期的に散髪しよう。

 

BYRD(バード) マットポマード 85g

BYRD(バード) マットポマード 85g

 

 

村上

村上

ミニマリスト歴11年のマーケター。ITを駆使した効率化が得意です。音楽活動で大阪から上京→3.11後モノを処分し編集者へ転身→6年で5回昇進し編集長に→広告コンサルタントを経てマーケティングへ。音楽は洋R&B専門です。ミニマリズムが独身の特権ではないことを証明します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事