連絡先の同期を快適にしたくて、通話専用のサブ機としてiPhone 4sを購入した

1 min

メインで使っているiPhone 6とは別に「仕事の電話とSMS専用」として長らくBlackBerry 9900を愛用してきた。

 
BlackBerryはデザイン、機能などどれをとってもiPhoneを凌駕していて、今まで何台買い替えたか分からないほど使い続けてきた。

ただ、どうしてもiPhoneとの連絡先がスムーズに同期できず、通話専用機にしているだけあって不満が募っていた。

 
iOS同士ならiCloudでなんの苦労もなく同期できるのに。。と思っていた。
 
かといって大きなサイズのスマートフォンはもういらない。
 
そこで、思い切ってBlackBerryを封印し、SIMフリーのiPhone 4sを導入することにした。
 
個人的にiPhone史上、もっともデザインが気に入っているモデルだ。
中古で探せば、SIMフリーの16GBモデルが3万円台で売っているし、通話専用なのでスペックはこれで十分。

しばらくこの、iPhone2台体制プラスiPad miniで運用してみようと思う。

しっくり来るようなら、もしかしたらiPad miniも処分して、6は6 Plusに替えるかもしれない。

村上

村上

ミニマリスト歴11年のマーケター。ITを駆使した効率化が得意です。音楽活動で大阪から上京→3.11後モノを処分し編集者へ転身→6年で5回昇進し編集長に→広告コンサルタントを経てマーケティングへ。音楽は洋R&B専門です。ミニマリズムが独身の特権ではないことを証明します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事