MacBook Pro RetinaディスプレイモデルSSD 1TBがきた!

1 min

5年目を迎え動作がかなり緩慢になってきたiMac 27インチ(Late 2009)を引退させることにし、メインPCをMacBook Pro 13インチ Retinaディスプレイモデルに刷新した。

スペックはいわゆる「松の特盛り」で、CPUやメモリ、ストレージを最上位にカスタムして注文した。

散らかっててスミマセン

同時にThunderboltディスプレイも買ったので、総額は36万円ほどになった。

かなりの出費だったが、仕事に使うツールなので妥協してはいけないと言い聞かせた。

ざっくりとした感想を述べていくが、1TBのSSDは予想通りに爆速。

以前使っていたMacBook Airをも凌ぐ快適さに感動しっぱなしだ。

バッテリーもまったく不安はなく、ACアダプターはもう自宅に置いたままでもいいかもしれない。

外出先でも性能を我慢することなく使えているほか、自宅では27インチの大画面モニタを使ったマルチモニターで作業効率はアップしている。

いまのところ不満はないが、ストレージ容量を圧迫しそうなiMovieやFinalCutはまだ使っていない。

あとはThunderboltに対応する外付けドライブを用意すれば、環境としては完璧だ。

 

※すでに廃盤になってますが、同等の新製品がこちら

 

村上

村上

マーケティング職。タスク管理ツール(主にたすくま)で仕事を習慣化・効率化・自動化してます。ポイ活や非課税投資などのマネーハックな話題も好きです。音楽は洋R&B専門。5歳♀0歳♂の父。家族がいてもミニマリストになれる。英語勉強中。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事