BlackBerryでフォトストリームを実現する「Auto Photo Uploader for Picasa」

2 min

iPhoneは、アプリを追加すると新しい機能が増える。
BlackBerryは、アプリを追加すると標準機能がパワーアップする。

この違い、分かるだろうか。
ドラゴンボールで例えようか。

前者は、悟空一人で戦ってるところにベジータやピッコロが加担して、大勢で戦う。
後者は、悟空がスーパーサイヤ人に変身する。

つまりiPhoneには「Instagram」や「PictShare」など、便利で楽しい人気の写真アプリがたくさん存在する。
しかし、標準のカメラアプリで撮影しても、写真をアップロードしたり共有するには、カメラアプリを閉じて、別のアプリを開きなおす必要がある。
アプリを追加しても仲間は増えるが、カメラそのもの多機能になるわけではない。

BlackBerryは違う。
例えばFacebookアプリをインストールすると、標準の写真アプリのメニューにもFacebookへの投稿メニューが追加される。
カメラアプリから直接SNSへ投稿できるので、その都度アプリを切り替えたり、撮影前にどのアプリで撮るか、など考えなくていいのだ。

違いがわかっただろうか。

 

そして最近見つけたBlackBerry用のアプリ「Auto Photo Uploader for Picasa」が感動的に便利だったので紹介。

まずはこのアプリをインストールする前に、パソコンからPicasaウェブアルバムの設定で、メールから写真を投稿できるようにしておこう。

ちなみに自分がPicasaを使っている理由は、アップロードしたアルバムがガラケーからも見られるから。

友達と旅行に行ったあと、大量に撮った写真をいちいちメールで送ったり、プリントアウトしてプレゼントなんて面倒な事はやってられない。

ひとつのアルバムにまとめてPicasaにアップロードし、アルバムのURLを送るだけ。
「欲しい写真があればそこから自由にダウンロードしてプリントしてください」という使い方もできる。

話が逸れたがPicasa Webアルバムの設定に戻ろう。

投稿用のメールアドレスを確認したら、メモするなりBBで入力できるようにしておく。
次にBBで本アプリをインストール。App Worldにあるので簡単に見つかるはずだ。

インストールしたら設定画面で、先程メモしたメールアドレスを入力するだけ。

準備はこれだけ。
あとはBlackBerryで写真を撮影すると、自動で自分のPicasa Webアルバムに写真を送信してくれる。
アップロード操作をする必要はまったくない。

パソコンのブラウザでPicasa Webアルバムを見てみると、さっき撮った写真が確認できる。
あたかもiCloudのフォトストリームのようだ。

さらにPicasaにある写真はBloggerでブログを書く際に重宝する。
ちなみにこのブログもURLは独自ドメインだがBlogger。

写真を挿入する際に、Picasa Webアルバムから引用できるので、一覧から選ぶだけ。

つまり、ここでも面倒なアップロード作業や待ち時間が省略できるのだ。

ひとつのエントリに数十枚もの写真を載せる場合などはかなりラクになるはず。

このアプリにはFlickr版も存在するので、写真をFlickrに貯めている人はそちらを使うといいだろう。

村上

村上

ミニマリスト歴11年のマーケター。ITを駆使した効率化が得意です。音楽活動で大阪から上京→3.11後モノを処分し編集者へ転身→6年で5回昇進し編集長に→広告コンサルタントを経てマーケティングへ。音楽は洋R&B専門です。ミニマリズムが独身の特権ではないことを証明します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事