Googleのケータイ「Android」ってなんぞや!?

1 min


ドコモの夏モデルとして発売予定の新機種「HT-03A」について解説します。

 

日本では初となる「Androidケータイ」であり、ニュースでも何かと話題になってるようだ。

Androidは、米グーグルが中心になって開発した、携帯電話向けのOS。
当然GmailやGoogleマップ、YouTubeなど自社のサービスとの相性は抜群だろう。

ポイントは他のOSと違って基本部分がオープンソース、つまり無償提供されるというところ。

たとえば、ほとんどのパソコンにはWindowsというOSが入ってる。
富士通やDELLなどのメーカーは、Windowsを使うためにマイクロソフトに使用料を払う。
結果、1台あたりのコストに上乗せされ、消費者が買う値段に影響する。

でも、Androidはライセンスが公開されているので、企業はコストを抑えてケータイを開発できるわけだ。
当然、Androidケータイは今後、安く買えるようになっていくだろう。

 

しかしスマートフォンというのは、どうもまだまだ敷居が高い。

レスポンスが鈍いとか、ケータイメールができないとか言われちゃうし。
ワンセグやおサイフケータイも、日本独特のサービスであるため基本的にナシ。

結局はビジネスマンやマニアが買うモノ、根気よく頑張って使うモノといったイメージが強いし、実際のところほとんどのスマートフォンがそうだ。

個人的には日本での発売が決まって以来「これはiPhone以来の衝撃になるかも」とわくわくしております。

なんといっても普段からPCではGmailを使い、写真管理はGoogle Picasa、情報はYouTubeやGoogleリーダーで得ている俺には、この上なくベストマッチな端末という予感。

しばらくはiPhoneとの二刀流でいくつもりだが、もしAndroidがiTunesと同期できるなら、iPhoneやめるかもしれない。

とにかくHT-03A、楽しみ!

村上

村上

ミニマリスト歴11年のマーケター。ITを駆使した効率化が得意です。音楽活動で大阪から上京→3.11後モノを処分し編集者へ転身→6年で5回昇進し編集長に→広告コンサルタントを経てマーケティングへ。音楽は洋R&B専門です。ミニマリズムが独身の特権ではないことを証明します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事