モバイルバッテリーは持ち運ぶモノだからMagSafe対応が正解

2 min

iPhone 12シリーズは、背面に埋め込まれたマグネットで充電可能な新機能「MafSafe」に対応してるのが特徴。

これがまた便利で、モバイルバッテリーでもMagSafeに対応した製品が登場するのは必然でした。

Ankerあたりが出してくるかと思ったら、CIOというブランドから対応製品「CIO MB-5000-MAG」が登場したので、さっそくみていきましょう。

15Wでそこそこ速い

一般的なワイヤレス充電の性能はiPhoneだと7.5Wのものが多いですが、本製品は15Wとけっこう速いです。よほど急速充電マニアでないかぎり遅く感じることはないでしょう。

サイズも薄型でちょうどいい

容量は10000mAhあたりが人気らしいですが、本製品は5000mAh。まぁ緊急用としては充分ですし、

そのぶんコンパクトなサイズ感がいいですね。薄型で愛用の長財布に納まりがいい。

普通のQiもOK

MagSafe専用というわけではなく、ワイヤレス充電に対応していればだいたいは充電できます。

MagSafeに対応していない11以前のiPhoneでも、しかるべき位置に当てればOK。

ちなみにそれ用のリング状シールも付属してるので、擬似MagSafeを体験してみたい方はiPhoneに貼り付けるのもあり。

USB-Cによる有線接続は18Wなのが惜しい

USB-C端子からのケーブル充電も可能で、こちらは18Wがマックス。

12シリーズをフルスピードで充電するには20Wが必要ですが、たぶんAnkerやRAVPowerあたりが対応製品を出してくるとすれば20Wと予想します。

Lightningは入力専用ケーブル1本で済む

USB-C端子だけでなくLightning端子もついておりこちらは入力専用。

つまりUSB-C to Lightningケーブルさえあれば入力も出力も一本で済みます。

スタンド装備だがややショボい

キックスタンドを内蔵してるので横置きで動画を見ることが可能。

ただ、作りはチャチなので何かの拍子に折れてしまいそう。

本体サイズは110×65×11ミリ、重さは約130グラム。ブラック以外にホワイトもあります。

まとめ

MagSafe対応モバイルバッテリーはまだ少ないので、選択肢がほぼありません。

今後はどんどん出てくるでしょうが現段階ではこれがベストではないでしょうか。

村上

村上

マーケティング職。タスク管理ツール(主にたすくま)で仕事を習慣化・効率化・自動化してます。ポイ活や非課税投資などのマネーハックな話題も好きです。音楽は洋R&B専門。5歳♀0歳♂の父。家族がいてもミニマリストになれる。英語勉強中。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です