ようやく手に入れたAirPods Proはいい意味で期待通りの完成度だった

2 min
昨年10月末に発売してすぐ売り切れたAirPods Pro。

年始に注文して1ヶ月経ちようやく手に入れることができました。

Apple Storeでオーダーできる文字入れオプションを使って自分のTwitterアカウントを入れました。

本当は小文字が良かったんですが、けっこう気に入ってます。

もし落としても、拾った人がTwitterからDMくれたりするんじゃないかと期待してます。
Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: エレクトロニクス

使い勝手

やっぱりこのサイズはポケットに入れて持ち歩くのに最高です。

AirPodsより少しだけ大きいですが、こうやって並べない限りわからないレベルなので、ほとんど同じと言っていいと思います。
改めて大きさはけっこう重要。ポケットへの収まりが悪いと持ち運ばなくなります。
去年はJabraのワイヤレスイヤホンを併用してたものの、ケースがデカいだけで持ち歩く機会が減っていきました。
ただ、イヤーピースの取り出しやすさは普通のAirPodsのほうが良いです。

左がAirPodsで右がAirPods Pro。
これは形状の問題なんでしょうが、気をつけないとケースから取り出す際に落としてしまうかもしれません。
慣れるまではハラハラしながら取り出すことになりそう。
Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: エレクトロニクス

操作性

左右のステムをグッと押さえるとクリック感があって、以下のボタン操作ができます。
  • 1度押す 音楽の再生と停止、通話の応答と終話
  • 2度押す 次の曲
  • 3度押す 前の曲
  • 長押し 外部音取り込みモードとノイズキャンセリングモードの切り替え
という感じです。
左右で別々の機能(片方をSiri呼び出しにするなど)を割り当てることもできますが、ややこしくなるのでやってません。
Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: エレクトロニクス

ノイズキャンセリングと外部音取り込み

ノイズキャンセリング性能については、BOSEの上位ヘッドホンなどと比べるとさすがに遮音性は高くないですが、サイズの割に大したもの。
着けたら周囲の音が本当にスッと静かになります。
しかもカナル型なのに通気性が確保されているらしく、耳が詰まるような感覚も起きません。長時間つけてても快適です。
外部音取り込みモードもよくできていて、表現がちょっとアレですが補聴器をつけているような感覚です。
むしろ何もつけてない状態よりもよく聞こえるというか。
ちなみにマイクも優秀で、けっこう小さい声で「ヘイSiri」と言っても反応してくれるのですごいです。
Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: エレクトロニクス

音質

音質はAirPodsと比べて、値段ほど大きく違うとは感じませんでした。
これはまぁそうだろうな、という程度でガッカリはしないものの、期待通りぐらいの印象です。
ただカナル型で密閉されてる分、低音が逃げずにしっかり聴けるようにはなってると感じます。

まとめ

一番気に入っているのは「長時間着けていても耳が痛くならない」という点です。
僕はiPadやパソコンで映画をよく観るのですが、イヤホンを2時間も着けてられないのです。
だんだん耳の痛さで集中できなくなるので、基本的にはスピーカーにつないで観ることが多かった。
でも、これからはもうスピーカーは無くてもいいかも知れません。
またひとつ身軽になりました。
Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: エレクトロニクス
村上

村上

ミニマリスト歴11年のマーケター。ITを駆使した効率化が得意です。音楽活動で大阪から上京→3.11後モノを処分し編集者へ転身→6年で5回昇進し編集長に→広告コンサルタントを経てマーケティングへ。音楽は洋R&B専門です。ミニマリズムが独身の特権ではないことを証明します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事