【Tips】行った場所をGoogleマップ上で残しておく方法

1 min

久しぶりに池袋で飲んだ。メンバーは大阪からの上京組で、舞台俳優のふじも(右)が主催してくれた。

若干ボッタクリ感のある店だったが楽しい時間だったのでよしとする。

 

一度行った場所は、できるだけGoogleマップ上に残しておくようにしている。

こうすることで、別の目的で地図を開いたときに、ふと過去の記録と再会して「あ、ここにあの店あったな」と、お店探ししているときなら選択肢を増やしたり、暇な時なら当時の日記や写真を振り返るきっかけになったり便利なのだ。

 

やり方は、目当ての場所にピンを立てたら情報を開いて右上のメニューを出す。

次に「ラベルを追加」で任意の文字列を入力すると、場所の名前として地図上に表示してくれるようになる。

自分の命名規則は「年月日+イベント名」にしてある。

 

村上

村上

マーケティング職。タスク管理ツール(主にたすくま)で仕事を習慣化・効率化・自動化してます。ポイ活や非課税投資などのマネーハックな話題も好きです。音楽は洋R&B専門。5歳♀0歳♂の父。家族がいてもミニマリストになれる。英語勉強中。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事