きしめんみたいなフラットケーブル「UrBeats」でBeats製品デビューした

1 min
BoseのMIEが断線して以来、Apple純正のイヤホンを使っていたが、久しぶりにカナル型のイヤホンを試してみたくなった。
今回ゲットしたのはBeatsブランドのエントリーモデル「urbeats」だ。
 
上位モデルの「tour」も気になったが、コスパを優先しての選択。
カナル型は音量を上げなくてもそれなりに聴けるので嬉しい。
 
気に入らないのは、歩いている時の自分の足音やケーブルの擦れる音まで耳に入ってくる点だ。
これはけっこうストレスになる。
 
また、自分は耳の穴がやや小さいためイヤーチップを選んでしまう。
ひとまず付属のシリコンチップを使っているが、イマイチ耳への納まりが悪いので、近々ウレタンチップに変更したい。

 

 

村上

村上

マーケティング職。タスク管理ツール(主にたすくま)で仕事を習慣化・効率化・自動化してます。ポイ活や非課税投資などのマネーハックな話題も好きです。音楽は洋R&B専門。5歳♀0歳♂の父。家族がいてもミニマリストになれる。英語勉強中。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事