家族がいても好きな音量で楽しみたい!Bluetoothトランスミッターを使ってみた

1 min

リビングでAmazon echo使って音楽聴いたり、スマホで動画観てるときに限って

奥さんがやってきて

「ちょっと、海外ドラマ観るから音小さくするかあっち行ってよ」

などと言われてしまい、

トボトボと書斎へ移動するハメになる。

 

2人ともリビングにいながら、好きなことをやれる方法はないか?

 

調べてみると、テレビやステレオにBluetoothトランスミッターを繋いで自分のAirPodsで音声を拾って視聴する、という方法が手軽っぽかった。

 

次にどんな製品を選べばいいのかだが、結構ニッチな分野なので選択肢は多くなさそうだ。

 

今回買ったのがこちら。

 

 

 

接続は簡単だが設定に戸惑った。

 

なにせスマホやカーナビと違ってディスプレイがないので、機器登録リストから選んだりペアリングキーを入力するという概念が無いのだ。

f:id:sjmrkm:20191109221239j:image

どうやって接続するんだ?

 

Bluetooth対応イヤホンと、本機をペアリングモードにして近づけるのだが、うまくいかない。

 

何度か電源を入れなおしたり、ペアリングモードの切り替えを繰り返しているうちにようやく成功した。

 

うーん、これはハードル高い。

 

導入してみて便利だと思ったのが、テレビ本体のスピーカーから音声を出しつつ、Bluetoothでも好きな音量で聴けるという点。

 

たとえば家族でB’zのライブDVDを観ているとしよう。

妻は知ってる曲以外は「ながら見」で良いので音量は小さくてもいい。

でも僕は全曲ガッツリ見たいのでAirPods Proで大音量で視聴する。

こういう使い方が可能なのだ。

 

途中で妻が知ってる曲を聴くためにテレビの音量を上げても、僕のAirPodsの音量はそのまま。

 

お互いに自由に、好みの音量で楽しめるのである。

 

あるいは2人で映画を見る時なんかはそれぞれ自分のAirPodsを付ければ、大きなスピーカーをたくさん設置・配線しなくてもサラウンド体験できる。

もちろん音量は独立しているから自分の好きなボリュームで。

 

なんだこれ、凄すぎる。

 

もっと脚光浴びてもいい商品なのになあ。

 

 

 

村上

村上

マーケティング職。タスク管理ツール(主にたすくま)で仕事を習慣化・効率化・自動化してます。ポイ活や非課税投資などのマネーハックな話題も好きです。音楽は洋R&B専門。5歳♀0歳♂の父。家族がいてもミニマリストになれる。英語勉強中。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事