ケーブルなしで使えるモバイルバッテリーが素晴らしかった

1 min

佐々木正悟さんや大橋悦夫さんが紹介していて、気になったので注文したら、自分も気に入ってスペアを買った話。

www.newshack.info

コンパクトが一番良いと気づいた

それまでは10000mAhの薄型モバイルバッテリーを、一番短いLightningケーブルとセットで持ち歩いていた。

容量3300mAhあれば十分だった

iWalkはiPhone XSのバッテリー容量は3000mAh弱なので、使いながら充電しても7割ぐらいはチャージできる感じだ。

このバッテリーの良さは、Lightning端子を備えているのでiPhoneに直接差し込めてケーブルが不要な点。

もうひとつはバッテリー本体もLightningケーブルで充電できるので、他の多くのモバイルバッテリーのようにmicro USBケーブルを持たなくて良い点だ。

さらに「パススルー充電」に対応していて、iPhoneに接続したままバッテリーにLightningケーブルを挿せば、バッテリーを経由してiPhoneを充電し、iPhoneが満充電になったらバッテリー側を充電してくれる。

寝る前に繋いでおけば、朝にはどっちも満タンになっているというわけだ。

軽いし小さいし荷物減るし、最高なバッテリーだったので色違いで2つ持つことにした。

 

村上

村上

ミニマリスト歴11年のマーケター。ITを駆使した効率化が得意です。音楽活動で大阪から上京→3.11後モノを処分し編集者へ転身→6年で5回昇進し編集長に→広告コンサルタントを経てマーケティングへ。音楽は洋R&B専門です。ミニマリズムが独身の特権ではないことを証明します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事