DJI Sparkのバッテリーがもうひとつ欲しい

1 min

先週末に山中湖でドローンを飛ばしまくったが、バッテリー不足をひしひしと感じた。

愛機Sparkは所詮小型機なので、10分ほどで電池が底をつく。予備を1個持っていったが、思う存分飛ばすにはバッテリーがもっと欲しいと感じた。

付属の充電器やバッグをみても、明らかに3個で運用する前提みたいに作られている。

 

付属のバッグ。本体と別で2箇所にバッテリー用と思われるポケットがある。

 

こちらは充電器。これなら最初からバッテリーも3個入れておいてくれてもいいのでは。。

 

来月も山中湖へ行く予定があるので、1個追加で購入しておこうと思う。

バッグや予備バッテリーのついたフライモアコンボはこちら。

 

 

村上

村上

ミニマリスト歴11年のマーケター。ITを駆使した効率化が得意です。音楽活動で大阪から上京→3.11後モノを処分し編集者へ転身→6年で5回昇進し編集長に→広告コンサルタントを経てマーケティングへ。音楽は洋R&B専門です。ミニマリズムが独身の特権ではないことを証明します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事