1年ぶりにモバイルバッテリーを新調した

2 min

毎日バッグに入れているモバイルバッテリー。

いま使っているのは2017年5月に買ったAnkerのPower Core Slim 5000という薄型モデルで、iPhoneと重ねて持ちやすく短いケーブルで接続すれば充電中も邪魔にならない。

ただ薄型ゆえ容量が5000mAhしかなく、1回使うとほとんどカラになる。

毎日充電しておけば問題ないのだが、万が一使った日に充電を忘れてしまうと翌日ピンチになる可能性ある。

その可能性を潰しておくため、さらに小型のACアダプタも持ち歩いている。コンセントさえあればそんな急場もしのげるように。

しかし小型とはいえACアダプタもそこそこ重いしかさばるので、別の解決方法を模索していた。

昨日Amazonを物色していると、いま使ってる薄型のモバイルバッテリーに新モデルが出ていた。

発売したのは去年みたいだが知らなかった。容量はなんと旧型の倍となる10,000mAh。もし使った日に充電を忘れても、翌日も余裕で利用できるだろう。

いつもどおりシンプルな外装。Amazonの購入履歴を見てみると、これでAnkerのモバイルバッテリーを買うのは3年間で6つ目だ。

片面だけやわらかいシリコン素材で、重ねたスマホに傷がつかないよう配慮されている。

さすがに薄さは旧型と全く同じとはいかないが、許容範囲。何とか重ねて持つスタイルは続けられそうだ。

ランプでバッテリー残量もわかる。旧型はスタッフの誰かにあげようかな。

村上

村上

ミニマリスト歴11年のマーケター。ITを駆使した効率化が得意です。音楽活動で大阪から上京→3.11後モノを処分し編集者へ転身→6年で5回昇進し編集長に→広告コンサルタントを経てマーケティングへ。音楽は洋R&B専門です。ミニマリズムが独身の特権ではないことを証明します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事