iPad Proの背面カバーを外して軽量化

1 min

iPadは高い。

それ故、使っているうちに傷つけてしまって、
いざ手放すときに査定額が下がったりすると嫌なので、
購入時は毎回カバーを買ってしまうのだ。

「売る時のことを考えて自分が使う快適性を犠牲にするのは間違っている」
という声が聞こえてきそうだが、もしかすると貧乏性なのかもしれない。

特にこれ。

iPad Proは背面カメラが出っ張っているため、
背面を下にして置くとガタガタする
愛用しているドラムアプリで遊ぶときもうまくプレイ出来ない。

タイピングモード?の時もやはり出っ張りが接地していて、精神衛生上よくない。

という理由で冒頭のAnd Mesh製のカバーを買って着けていた。

でも、たまに外してみると梨地加工されたアルミの手触りがものすごくいいのと、
何より手に持った時の重さが全然違うことに気付かされる。

あと薄さ。「こんなに薄かったのね」と毎回感心する。

まぁ、Smart Coverは引き続き使うから、置くときに画面を伏せるようにすれば問題ないのだ。

村上

村上

ミニマリスト歴11年のマーケター。ITを駆使した効率化が得意です。音楽活動で大阪から上京→3.11後モノを処分し編集者へ転身→6年で5回昇進し編集長に→広告コンサルタントを経てマーケティングへ。音楽は洋R&B専門です。ミニマリズムが独身の特権ではないことを証明します。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事